龍の系譜

(10/31新規掲載)

こっきゅんさん10/22記事に関し、「こっきゅんさん、カルドブログにはブック内容を表示する機能があるからそれを使うと分かりやすいですよ」とコメントしようとしているうちに、あれよあれよとコメント欄が育ってしまったので別にわけます。

カルドブログ 使い方
http://blog.culdcept.net/guide

記事の中に [ book id=”196″] などと記載すると入ります。(bookの前の空白を取って下さい)

[ book id=1196]
[ book id=3933]
[ book id=3935]

* 記事注:アールさんがその後、Cepter’s Noteの上の元のブックを消去してしまったので、いまは見られません
 

自分チェーンが苦手だったので 何回かスパーリングでこの本を使って練習されてもらいましたが、中盤~終盤でやれる事が非常に多く、充実した対戦が出来ました。

飛び道具や手札干渉がないので、非常に軽い構成や、変わった構成で来られると困る局面もあるかも?。

チェーンのブック構築を行う上で、大変勉強になりました。

今度は他のブックも使ってみます。

0

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする